義経岩

    案内板によると、
    鎌倉時代、源義経が兄である源頼朝から追われ、奥州へと落ち延びる道すがら、
    この地でにわか雨にあった際に雨宿りに使われた岩があるという伝説が残っているそうです。
    23102801.jpg
    そしてこちらがその雨宿りに使われた岩で、義経岩と名付けられています。
    弁慶が岩を持ち上げて作ったんだとか。
    23102803.jpg
    このように中に入ることもできますよ🎵
    自然にできたというよりは、たしかに人工的な造りな感じがしますよね。
    この瞬間にもし地震が来たら・・・と想像しちゃって、ちょっとドキドキしてたのは内緒の話💦
    23102804.jpg
    そして岩の上には義経神社が建てられ、小さな祠が祀られていましたよ。
    23102802.jpg
    ラストは義経岩のそばで。
    23102805.jpg
    撮影 こはくさん
    こんな記事もよく読まれています!

    COMMENT0