D51 469

    蒸気機関車をバックに🚂
    21032401.jpg
    交通遊園内にはゴーカートなどの乗り物の他に、このように蒸気機関車なども保存されていましたよ。
    こちらの「D51形 蒸気機関車」は、国鉄時代に最も多く造られた機関車で、「デゴイチ」の愛称で親しまれていました。
    この「D51 469」は、貨物列車として約30年間で地球50周分の距離にあたる200万kmを走ったのち、
    ここ浜寺公園で静かに余生を送っているそうです。
    21032402.jpg
    力強い姿がかっこいいですね。
    綺麗に保存されていて、今にもまた走り出しそうな感じです😊
    全国のいたるところで再びレールの上を走りだした仲間もいるそうなので、"もしかしたら"もあるかもしれないですね。
    21032403.jpg
    そしてその隣には、浜寺公園の前を走る「阪堺電気軌道」で過去に使われていた路面電車も展示してありましたよ🚋
    こちらの電車、こう見えて実は「デゴイチ」よりも先輩の車両なのが驚きです。
    21032404.jpg
    この車両は2000年まで活躍し、浜寺公園に移された後は展示兼休憩スペースとして車内を開放しているようです。
    つり革なんかも残されていて、現役時代の様子をうかがい知ることができましたよ。
    21032405.jpg
    撮影 こはくさん
    こんな記事もよく読まれています!

    COMMENT0