放流設備

    薄暗い通路の突きあたりは、明るい空間が広がっていました。
    ここでは、ガラス越しにダムの放流設備を見学することができます。
    20052701.jpg
    見えているのは「常用洪水吐き」と呼ばれる設備の一部で、
    主に洪水時に使用され、ダムの水位や下流の河川へと流す水の量を調節する役割を持つ、
    ダムの重要な設備のひとつです。
    20052702.jpg
    説明パネルの絵を見ると、ガラスの向こうに見えていたのはゲートの上の方の部分だったようですね。
    ちなみに日吉ダムには「常用洪水吐き」は2つ設けられていて、
    ひとつあたりの最大能力は、毎秒250立方メートルなんだそうです。
    2つの洪水吐きを使用すれば、
    よく耳にすることがある小学校の25mプールなら約1秒で満水にできる能力を持っています。
    20052703.jpg
    エレベーターを降りて地上に出てきました。
    私はダムの上から中に入って来たのですが、こちらが正面玄関だったようですね。
    20052704.jpg
    広場からダムをバックに。
    20052705.jpg
    撮影 こはくさん
    こんな記事もよく読まれています!

    COMMENT0