ARCHIVE: 2023年12月  1/1

    写真で振り返る2023年

    大みそかですね❗今年最後の更新となる今回は、総集編として2023年を写真で振り返ってみたいと思います。1月2023年のトップバッターはコンゴウ様。直前まで吹雪いてて中止も考えましたが、合間でなんとか撮れました。翌日はななちゃんと。直線距離ではそんなに離れていないのですが、同じ季節には見えないですよね。2月有馬温泉のイベントに参加。こう寒いと、温泉が湧き蒸気が上がっているところのそばから離れたくなくなりますよ...

    • 0
    • 0

    星座

    太陽の恵みをいっぱい受けつつ、砂浜の中央付近にあるタイル張りのエリアまで歩いてきました。足元には星座のタイルが張られていましたよ。こちらは"カシオペア座"のようですね。昔の人って星と星を結んで空に絵を描くなんて、すごく想像力が豊かでロマンチックですよね~。周りを見るとほかにも色々ありますね。夜になれば星空を眺めながらタイルに描かれた星座を探してみたり・・・っていうのもいいですね🎵ラストは"うしかい座"...

    • 0
    • 0

    まだ3月

    堤防の先端部にやって来ました。三方を海に囲まれ、遮るものもなく風が強かったですが、堤防に当たる波の音も穏やかで、春の訪れを再認識させてくれましたよ。砂浜に戻ってきました。地面の感じを見ると、この時間はだいぶ潮も引いているようですね。それにしてもきれいな海ですよね🎵日差しもたっぷりですし、このまま水着に着替えて入りたくなっちゃいますが、まだ3月でした。元気なみこっちゃんでもさすがに風邪引いちゃいますね...

    • 0
    • 0

    お日さまの下で

    前回に続いて、みこっちゃんと海辺をお散歩。雲が切れ、再びお日さまが顔をのぞかせてくれました🌞やっぱり太陽の下でのロケはいいですね🎵海に突き出した堤防をてくてく。砂浜のすぐ後ろは山々にぐるっと囲まれていたりと、自然いっぱいで気持ちいいですね。ポカポカ陽気を背中に浴びて。撮影 こはくさん...

    • 0
    • 0

    プライベートビーチ

    今回はみこっちゃんと海ロケ。夏場のにぎやかな海もいいですが、春の落ち着いた感じのビーチもいいですよね。ちょっと独り占め感もあって、リッチな気分です🎵足元のタイルもいろんな絵が彫られていたりと、歩くのが楽しいです。曇り空の間から時折こうして日が差してくるのですが、まだ肌寒さの残る季節ということもあって、すごく暖かく感じましたよ🌞ラストはアップです。また曇っちゃいましたね。撮影 こはくさん...

    • 0
    • 0

    橋杭岩

    帰る道すがら、名勝 天然記念物である橋杭岩(はしぐいいわ)に立ち寄ってみました。橋の橋脚のように一列に並んだ岩たちは、地中から吹き出したマグマが固まったものが、約1500万年という長い年月をかけて波に侵食されてできたものなんですって。フォトスポットでパチリ📷ちなみに周りにゴロゴロと転がっている石は、侵食によって壊れた岩のかけらなんだそうですよ。ぬかるんでいて足を取られそうですが、潮が引いた今のうちなら...

    • 0
    • 0

    トルコのお守り

    灯台に登った際、眼下に鮮やかな桜色が見えたので寄り道してきました。満開が過ぎ、だいぶ葉桜になりつつありますが綺麗ですね~🌸改めてこの一週間前に雪ロケしてたとは思えませんよね。小径(こみち)を歩いていくと、桜のトンネルもありました🎵日陰だからなのか、こちらはまだまだお花いっぱいでしたよ。そしてこちらはトルコの近代化の父、アタテュルクの像です。今にも動き出しそうな迫力のある像でカッコよかったです。ラスト...

    • 0
    • 0

    樫野埼灯台

    島の一番奥、樫野埼(かしのざき)灯台にやって来ました。こちらは今から約150年前、明治時代初期にアメリカとの条約によって建てられた灯台で、現在も現役の灯台として活躍しています。ちなみに石造りの洋式灯台としては日本で最初に造られたものなんですって。近くの潮岬灯台と比べると塔の高さは低いものの、どっしりとして重厚感のあるデザインですね🎵灯台ってシュッとしてるイメージですが、こういうのもいいですね。塔の内部...

    • 0
    • 0

    トルコ記念館

    潮岬を離れ、岬の東に浮かぶ紀伊大島へ。やってきたのは島の一番奥にある観光スポットです。中に入ると見えてくるのは"トルコ記念館"。こちらでは約130年前、暴風雨でコントロールを失い、付近の岩場に座礁してしまったトルコ軍艦の遺品や資料が展示してあります。建物の壁には遭難の様子が彫られたレリーフも。この座礁事故では、587名という多数の犠牲者が出てしまいましたが、地元の人々らの懸命な救助活動によって69名もの命が...

    • 0
    • 0

    最南端の最先端

    "望楼の芝"と名付けられた芝生広場を抜けて、本州最南端の碑へ。シンプルなデザインでわかりやすいものの、結構あっさりした感じとなっています。さらに、近くにはこちらにも本州最南端と書かれた碑が。こっちの方が日本地図もあって個人的には良さげな気もしますが、みなさんはどちらがお好みでしょうか。※だいぶ風が強かったので、碑を盾代わりに使っちゃいました。さて。そしてそして、この柵の向こうに見える岩場が本当の本州...

    • 0
    • 0

    本州最南端の・・・

    灯台エリアを出て、海沿いの道を散策。間近では大きくそびえるように見えた灯台も、ここからではかわいく見えますね。どこまでも広がる海と、それを照らす灯台。夕陽をバックにしたら、ものすごく映えそうですよね。こちらにある"和歌山県朝日夕陽百選"というものに選ばれるのも納得ですね🎵さらに進み、潮岬観光タワーへとやってきました。その真下には本州最南端の郵便ポストもありましたよ〒そうなるとその隣にあるのは、本州最...

    • 0
    • 0

    潮岬の鯨山見

    神社を囲む石垣のところで何やら看板を発見。"潮岬の鯨山見 80m"とありますが、矢印が示す道は、けもの道のような薄暗い道なき道。う~ん、これは進んでも大丈夫なのか不安になりますよね💦でもでも、鯨山見って言うくらいですし、ひょっとしたらクジラに会えるかもしれないってことで、期待を込めて行ってみましょう🐳最奥まで進んでいくと看板が現れました。この地方では昔から捕鯨が盛んで、この鯨山見で回遊してくるクジラを見張...

    • 0
    • 0

    最南端のパワースポット

    潮岬灯台の周りを散策してみました。まずは灯台に続く道の途中で、右手側に見えた鳥居の方に向かって歩いてみます。鬱蒼(うっそう)とした森の間を進んでいくと、この石段の先に"潮御崎(しおのみさき)神社"があります。ここ潮岬は台風の通り道ということもあるからでしょうか、神社の周りは、リトルワールドの石垣島のお家にも見られたような高い石垣で囲まれていましたよ。石垣の切れ目から入っていくと、奥に社殿が現れました...

    • 0
    • 0

    強風に注意

    灯台の踊り場部分に出てみました。灯台ということで周りには遮るものもなく、遠くまで見渡すことができますね。位置を変えて、潮岬タワー方面を眺めてみます。タワーの延長線上には、本州最南端となるクレ崎もよ~く見えましたよ🎵踊り場は風が強く吹き付けていて、髪やスカートが暴れてヒドいことに・・・。これでも少し風が弱まった隙に撮影したのですが、これ以上はちょっと難しそうです💦灯台の下に戻り、ちょっと資料館も覗いて...

    • 0
    • 0