CATEGORY: ロケ  1/151

    龍の住む森

    右岸側から日吉ダムの堤体をバックに。こちらはダムの上流(ダム湖)側で、梅雨の季節や台風シーズンは、いざという時にダムにたくさんの水を貯めることができるよう、普段はこのようにダムに貯めてある水の量は少なめなんだそうです。日吉ダムのダム湖である天若湖(あまわかこ)。その形は、なんと龍をかたどったかのようであるとか🐉湖のまわりにはたくさんのパワースポットがあるようですよ✨さてさて、下流側からダムを眺めるこ...

    • 0
    • 0

    ふれあい橋

    ふれあい橋にやって来ました。ここはダムの上から下流を見下ろしたときに見えた、丸いカタチの橋です🎵橋の一周は約236mもあるそうですよ。橋からは、ダムから放流された水の勢いを弱める役割をもつ、「減勢工」と呼ばれる小さなダムを間近に見ることができます。橋の隙間から見えるコンクリートの塊が減勢工です。小さいといっても奥に見える木の大きさと比べると、充分大きいですね。日吉ダムを眺めます。ダムの向かって右寄りに...

    • 0
    • 0

    放流設備

    薄暗い通路の突きあたりは、明るい空間が広がっていました。ここでは、ガラス越しにダムの放流設備を見学することができます。見えているのは「常用洪水吐き」と呼ばれる設備の一部で、主に洪水時に使用され、ダムの水位や下流の河川へと流す水の量を調節する役割を持つ、ダムの重要な設備のひとつです。説明パネルの絵を見ると、ガラスの向こうに見えていたのはゲートの上の方の部分だったようですね。ちなみに日吉ダムには「常用...

    • 0
    • 0

    地下通路のよう

    前回に続いて、日吉ダムの堤体内を見学中。このあたりは、日吉ダムの建設についてのコーナーのようです。建設にかかわるコーナーなので、展示してあるジオラマも工事中の様子が再現されていますよ👷こちらは日吉ダム本体のコンクリートで主に使われている「砂岩(さがん)」。その名の通り、堆積した砂が固まってできた岩です。外気や水に耐性があって、ダムづくりに適した硬い岩なんだそうです。そして、展示コーナーの奥には、さ...

    • 0
    • 0

    ダムの中は

    日吉ダムのダムカード風のパネルで記念撮影っ📷ちなみにダムカードとは、全国のダムで配布されている、ダムの写真と諸元などのデータ、その他いろいろな情報が書かれたカードのことです。全国各地のダムを回って、カードを集めている人も結構いらっしゃるとか。と言うわけで、天端からエレベーターを使って日吉ダムの堤体内へと降りてきました。外から見るとダムはコンクリートの塊にしか見えないのですが、中は思っていたより天井...

    • 0
    • 0