CATEGORY: イベント  1/76

    最後は山形へ

    8つに分けられた最後のエリアにやってきました。いよいよプチ世界一周旅行も終盤です。こちらは韓国の農家で、およそ100年前のものなんですって🇰🇷そしてお隣は同じく韓国のお家ですが、こちらは地主のお家。先ほどの農家とほぼ同じ時代に建てられたお家なのに結構違いがありますよね。中も立派で広いですね。部屋にはオンドルと呼ばれる床暖房もあったりと、豪華な造りとなっています。また、儒教の国ということで、夫婦は別々のお...

    • 0
    • 0

    タイのお家

    トルコの次の国はタイ🇹🇭北部で稲作を営む人々が暮らすお家にやって来ました。高温多湿であったり、大雨による水害が多く発生する環境のため、お家は高床式となっています。床下はこの広いスペースを利用して、家畜を飼育したり、物置としても利用されているようです。階段を上ると、お家自体にはドアや窓はなく一見、奥行きのある縁側といった感じの造りとなっていましたよ。こんな風にベランダとちょっと段差があるということは、...

    • 0
    • 0

    飛んでイスタンブール

    続いてやって来たのは、トルコ・イスタンブールの旧市街です🇹🇷ここにはメドレセと呼ばれるイスラム学院と、大きな民家が再現されています。そして、これらの建物は園路に対して正面ではなく、少し斜めに建てられており、イスラム教の聖地、メッカの方向に正対するように建てられたのだとか。こういう演出がニクいですよね。屋根に乗っかる大きなドームが特徴的ですよね🎵大きなドーム屋根がイスラム学院の講義棟で、たくさんドーム...

    • 0
    • 0

    チベット仏教寺院

    アフリカエリアの先に広がるのは、南アジアや西アジアの国々のエリア。ここではネパールやインド、トルコの建物が展示されています。私の後ろの丘に立つ建物は、ネパールの仏教寺院です🇳🇵説明板によると、標高3000メートル、ヒマラヤの山中にあるチベット仏教の寺院をモデルとして復元したものだそうです。こちらの旗は、上から青・白・赤・緑・黄色に塗り分けられ、それぞれ天・風・火・水・地を意味し、チベット仏教のシンボルの...

    • 0
    • 0

    アフリカの奥地へ

    ヨーロッパの次はアフリカエリア。私の後ろに見えるのは東アフリカに位置する国、タンザニアの南西部の山地で暮らす、ニャキュウサ族のお家です🇹🇿一夫多妻制の国ということで、丸い家と四角い家の両方にそれぞれ別の奥さんが暮らしているようです。室内はこんな感じで、こちらは居間兼台所といったお部屋です。私の足元にある3本の低い円柱状のものが炉となっており、円柱の間で火を起こして、その上に鍋を置いてごはんを作ったり...

    • 0
    • 0